PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ホンダジェット、納入数V3 19年上期小型ビジネス機
    0

      JUGEMテーマ:気になったニュース

       

       

      ホンダジェット、納入数V3 19年上期小型ビジネス機


       

       

      ホンダジェットは、3年連続で上半期の世界首位となった

       

       

      ホンダは13日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2019年上半期(1〜6月)の納入機数が17機となり、小型ジェットで世界最多だったと発表した。ホンダジェットが上半期の世界首位となるのは17年、18年に続き3年連続。

       

      全米航空機製造者協会(GAMA)がまとめた最大離陸重量が1万2500ポンド(約5670キログラム)以下の「超小型機」部門で、競合する米セスナの「サイテーションM2」の16機をわずかに上回った。18年上期もホンダジェットが1機差でセスナをかわしており、首位を巡る2社の激しい競争が続く。

       

       

      ホンダジェットは18年5月に発表した燃料タンクを大きくして航続距離を延ばすなどした新型機「ホンダジェット エリート」が好調だ。19年上半期はハワイのチャーター機運航会社へホンダジェットを複数納入したこともトップ維持に貢献したとみられる。

      世界でのホンダジェット運航機数は130機を超える。ホンダの航空機事業子会社、米ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は「今後もホンダとしてビジネスジェット業界に新しい価値を創造していきたい」とコメントした。

       

       

       

      ホンダジェット、中国で型式証明取得。

       

      ホンダの航空事業子会社、米ホンダエアクラフトカンパニーは新型の小型ビジネスジェット「ホンダジェット エリート」が中国での販売に必要となる型式証明を取得したと発表した。


      2019年内に中国で初の顧客引き渡しを目指す。ホンダは富裕層が多い中国をアジアにおけるビジネスジェットの主要販売国と位置付け、2017年10月から先行して受注に乗り出していた。
      ホンダジェット エリートは18年5月に発表した新型機。燃料タンクを大きくするなどして航続距離を従来のホンダジェットよりも伸ばし、最新の飛行管理システムなども備える。これまでに米国やカナダ、メキシコのほか欧州やブラジル、インド、日本で型式証明を取得していた。

       

      | 気になる企業ニュース | 07:46 | comments(0) | - |
      創業・発祥の地―松下幸之助氏の「道」は借家から、パナソニック
      0

         

        JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

         

        創業・発祥の地―幸之助氏の「道」は借家から、パナソニック、

        大阪市福島区、現在は公園。

         

        大阪メトロ野田阪神駅から徒歩5分。駅前の商店街を抜けた、大阪市福島区大開町の公園入り口には、「道」と書かれた大きな石碑が構える。松下幸之助氏が1918年に松下電気器具製作所を立ち上げた、パナソニックの原点だ。石碑がある場所は第二次の本店・工場があったといい、周辺の徒歩圏内に創業した借家や第一次本店、工場などが集積していた。


        業容が拡大し、現在のパナソニック本社がある大阪府門真市に33年に移転するまでの15年間、松下氏は事業家としてだけでなく、近隣の小学校の保護者会会長や区会議員としての顔も持ち、この地の人情や風土に深く親しんだという。
        門真に移転後、福島区の各拠点は公園や民家に改修された。松下氏の功績をしのぶものをつくろうと、2004年に地元の大開連合町会が松下氏生誕110年の節目に記念碑を建立し、大阪市に寄贈した。

         


        創業前に修業を積んだ大阪・船場の自転車店が、事業家・松下氏の始まりだ。当時の船場は商売の中心地で、街中には最先端の市電が行き交う。「これからは電気の時代や」。強い確信を持って大阪電灯(現関西電力)に就職した。電機工事人として電球の取り付けや付け替えを担うなかで不便さを感じたことから、自らソケットの発明を試みるようになった。
        思い切って独立したが、ソケットはなかなか売れなかった。その後、松下電気器具製作所の第1弾商品としてヒットしたのが、配線器具「アタッチメントプラグ」だった。当時の住宅は天井からぶら下がる電灯にしか電気はなく、ラジオやアイロンといった家電製品の電源は、電灯につながないと使えない。松下氏は接続する金属部分に他社の電球で使われたものをリサイクルするなど、開発コストを抑えて商品化した。

         


        「世の中の不便を解消したい」との思いは、「一般市民にとって手の届く高品質」をめざす開発方針につながった。
        次のヒットは23年に生産を始めた自転車用電池式ランプ。自転車が急速に普及していたなか、走ると風で消えてしまう石油ランプの不便さを解消するべく、電池の配列を変えた電灯を日々枕元に置いて耐久性を研究。従来の10倍長持ちする携帯型ランプの開発に成功し、初めて「ナショナル」ブランドで売り出した。
        ナショナルランプは乾電池の普及にも貢献。一般消費者向けの乾電池が珍しかったこともあり、松下氏は「乾電池の中興の祖」とも呼ばれるようになっていった。戦後不況を経て50年代には電化ブームが到来。テレビ、冷蔵庫、洗濯機の「三種の神器」を商品群にそろえ、家電メーカーとしての飛躍につなげた。
        「パナソニック」ブランドが生まれたのは55年。米国向けスピーカーにナショナルの商標が使用できず、「広がり」を意味する接頭語「pan」と「音」をさす「sonic」を組み合わせた。


        事業の広がりにともない現在はカンパニー制をとる。祖業だった配線器具は100年たった今もそのままの用途で、漁船や養豚場向けなどに販売している。住宅設備のライフソリューションズ社が手がけている。
        松下氏が生前「限りなく優良品を世の中に そして豊かな電化生活を人々に」と打ち出した当時の松下電器産業のスローガンは現在「A Better Life, A Better World」に名を変えた。家電や住宅にとどまらず、BtoBも含めて「豊かな世界」をめざし続けている。

         

         

         

        | 気になる企業ニュース | 07:36 | comments(0) | - |
        三菱、ジェット旅客機2020年初号機納入
        0

          JUGEMテーマ:気になったニュース

           

          国産初のジェット旅客機の開発を進めている三菱重工ですが、

          開発スケジュールが若干遅れているものの

          予定通り、2020年半ばに初号機の納入が可能となっているようです。

           

          これまで納期を5回延期してきた三菱重工ですが、

          さすがにもう延期はないようです。

           

           

           

           

           

           

          | 気になる企業ニュース | 09:54 | comments(0) | - |
          ソニーがスマートスピーカー
          0

            JUGEMテーマ:気になったニュース

             

            ソニー、ライブの重低音を再現するスマートスピーカー

             

            ソニーは重低音が響く範囲を広げ、ライブ会場のような臨場感を楽しめるようにしたスマートスピーカーを31日に発売する。米グーグルと米アマゾン・ドット・コムの音声AI(人工知能)に対応。話しかけると天気やニュースなどの情報を読み上げる。ソニーの上位モデルのスピーカーと同じ部品を採用。角度の工夫などにより、重低音が広範囲に響くようにした。

             


            グーグルの「グーグルアシスタント」を搭載した「SRS―XB402G」とアマゾンの「アレクサ」を搭載した「SRS―XB402M」の2機種を用意した。

             

            SRS-XB402G/SRS-XB402M

             

             

            「ライブサウンドモード」を使うと、歓声、拍手なども効果的に再生できる。
            防水、防じん機能を備えたほか、さびにも強く、水洗いができるようにした。お風呂やキッチンや海辺での使用も可能。充電すると最大12時間再生できる。
            本体の重量は1・5キログラム。高さは19・5センチメートル、幅は14・3センチメートル。想定価格は税別2万7000円前後。

             

             

             

            | 気になる企業ニュース | 07:47 | comments(0) | - |
            味の素、アミノ酸洗浄剤を増産、環境配慮で引き合い強く。
            0

              JUGEMテーマ:気になったニュース

               

              味の素、アミノ酸洗浄剤を増産、環境配慮で引き合い強く。

               

              味の素はシャンプーなどの主原料となるアミノ酸由来の洗浄剤を増産する。アミノ酸の洗浄剤は自然界で時間をかけて分解される生分解性で、環境負荷が低い。約23億円を投じてブラジルのサンパウロ州に新工場を建設する。2022年までにアミノ酸洗浄剤の生産能力を同社全体で4割高める。

               


              国内外の日用品メーカーが植物由来の原料の確保に動いており、需給が逼迫しているのに対応する。
              同社は国内外でアミノ酸洗浄剤に関する供給体制の見直しを進めている。ブラジルに新たに建てる新工場は、世界各地に洗浄剤を供給する一大拠点という位置づけだ。
              新工場は20年秋に稼働させる。アミノ酸洗浄剤には液体、粉末、顆粒(かりゅう)の3種類があるが、ブラジルでは汎用性の高い液体を製造する。現在、川崎事業所(川崎市)で運用している液体洗浄剤の生産ラインをブラジルに移管するなどして、同タイプの生産能力を全体で6割程度高める計画だ。

               


              18年11月には東海事業所(三重県四日市市)にも約4億円を投じて、顆粒タイプの生産設備を増強した。
              アミノ酸洗浄剤はシャンプーのほか、ボディーソープや洗顔料など、様々な日用品・化粧品の原料に使われる。味の素は英蘭ユニリーバや米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)など国内外の5000社以上にアミノ酸由来の原料を供給している。
              ボディーソープや洗顔料などは石油由来の洗浄剤を使うものが現在も主流を占めている。だが国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」などが後押しとなり、「ここ数年、日用品メーカーが植物由来の洗浄剤に切り替える動きが目立ってきた」と味の素の正井義照・常務執行役員は指摘する。

               


              同社によると、アミノ酸由来の洗浄剤市場は14〜17年の間、年15%前後のペースで伸びたという。
              アミノ酸洗浄剤はサトウキビを原料とする植物由来の発酵法でつくる。低刺激性で、肌や髪に優しい利点もある。味の素や旭化成のほか、欧米や中国の企業なども生産を手がける。
              味の素のヘルスケア分野でのアミノ酸売上高は18年度で940億円。前年から147億円の大幅な増収となった。同社はアミノ酸を活用した自社ブランドの化粧品「Jino(ジーノ)」を持つが、大きく伸びているのは国内外の他社向けに供給しているアミノ酸の洗浄剤事業だ。

               


              同社には、アミノ酸の研究開発や商品化で長年、世界をリードしてきた実績がある。欧米のほか、アジアの日用品メーカーなどからも原料の引き合いが強いという。
               

               

               

               

              | 気になる企業ニュース | 07:51 | comments(0) | - |
              PR
              Amazonで検索
              SEARCH THIS SITE.
              MOBILE
              qrcode
              RECOMMEND
              RECOMMEND
              OTHERS